オープンガーデンへ。
昨日、市内のオープンガーデン宅にお邪魔してきました。


グリーンリーフの使い方がとても上手で、大人!なお庭でした。何種類もの草花たちが調和していて、上級すぎました。


でも、
とても勉強になります。
バラだけでなくて宿根草とのバランスで双方が美しくなるということなんですね!


自然をみると、実に創造主の素晴らしさを痛感します!


「神は言われた。『地は草を芽生えさせよ。種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける果樹を、地に芽生えさせよ。』そのようになった。 地は草を芽生えさせ、それぞれの種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける木を芽生えさせた。神はこれを見て、良しとされた」創世記1章11〜12節より。

ガーデニングは奥深いです。地道にコツコツとがんばりたいですね!
趣味 23:04 comments(0)
キルケゴール著作集。
キルケゴールの本、読むといいよ!
と、仲良しの百合ちゃんから言われて、

早速、、

キルケゴール研究が専門のO牧師から
教えて貰い、書斎で手に取った、

キルケゴール著作集。
No.17「キリスト教の修練」

すでに絶版にて、貴重です。








あれ、所々に付箋が。



はっ…!!




これ、数年前に読了していたんだ、、、!





しかし…



まっっっったく、




憶えてない!

なんにも残っていない!


…。!(◎_◎;)




ワタシの読書力って、、一体…。


汗…。( ̄O ̄;)






趣味 21:59 comments(0)
ノート好き。
ノートが好き。
といっても、コレクターではありません。

ここ数年、<ミドリ>のノートを愛用中。
あくまで「使う」ため。。。

以前も書いたことがありますが、
ミドリのMDノートシリーズ。
700円くらいの新書タイプを使っています。


現在使用中の二冊。

万年筆に合った紙質で、シンプルなのが気に入ってる。

一冊は、今年は「創世記」のバイブルスタディ用。
もう一冊は、ランダムに抜き書き、引用控えのため。

ノートごとに筆記具を決めています。

先日、
オットからシルバープレートのカランダッシュのボールペン(中古)を
奪取!

だって書きやすいんだも〜ん。
形が鉛筆と同じ6角形なのがヨイ。


さて、ノート。


今年になって新しく仲間を増やしました。


ミドリで昨年発売されてた、
ワールドマイスターズプロダクトの、
「サンティナ」シリーズ。





表紙の紙がオランダ製の一見、ラバー調の特殊紙。
丈夫そうで、色もキレイ。
大きさは、文庫サイズ(A6)。
糸がかり製本でフラットに開けて、
セクション(格子)罫で、文章や絵も書きやすい。
1冊700円くらい。

表紙は無地ですが、
今の所、ビニール包装がカバーにもなるのでそのままに。

持ち歩きしたい私は、文庫サイズ〜新書サイズ派。


イエローグリーンは、新約聖書のバイブルスタディ用。
ブルーは、詩編のバイブルスタディ用。



ブルーは、ちょうど同じ色合いのカランダッシュが
あったので選んだのでした。


原稿書くのはPCだけど、
手帳やノートも好き。

紙の良さは捨てがたい・・・。

日記はつけない(続かない)私ですが、
日々の聖書の学びが日記の代わり。

あ〜楽しい!


















趣味 22:09 comments(0)
DIYブーム。
 里親申請には住居の見取り図も提出。


・・・してましたので。


てっきり、調査訪問では家の隅々まで見られるのではないか。

と勝手に想像して、色々と画策(!?)していたワタシ。

築30年になる牧師館(二階)。

特に水回りの痛みは避けられません。
台所が暗いなあ〜
と常々思っていたのでこれを機会に明るくしよう!

と思い立ち、DIY!
窓の木枠、壁をそれぞれ水色とアイボリーのペンキで塗り替えました。




逆光なのでちと暗いですが。かなり明るくなりました。
水色の上に所々、アイボリーをかぶせて、アンティークっぽく。


きれいにすると、きれいに使うようになる、と実感。


窓横の壁も水や油のシミが。。。



明るくなった。。。


結局。。。当日は面談でして、
台所どころか、建物チェックなんぞしてませんでした。。
建物じゃなくて、人間を見るのが目的でしょ。←当然。


今回、

つくづく、見栄っ張りだわ、自分。

と自覚しました。


見た目、外見、上っ面。
などというのは、本質から離れたものであって。

「神の恵みによって、
 わたしは今日あるを得ているのである。」
 (第一コリント 15章10節)

今朝の聖書のことば。



「ワタシは自分が見せかけようとしているところの
 ものである。
 ワタシにとって『・・・らしく見せかける』ということは
 ありえない。」

のであって、、

「神は寸分違わない二つの人生をつくられることはない。

 おのおの人生は目的をもち、

 独創的であり、

 尊いものである。」
    (L.Bカウマン著「山頂をめざして」より)




寝姿も、、、
個性的。。。





朱に交わるつもりはないよ。唯一無二のぴかだよ。
趣味 10:18 comments(0)
断捨離はやめました。
 趣旨替えしました。
古い→捨てる、から
古い→大切にする、へ。

一つ買ったら、一つ捨てる。
衣替え時、シーズン中に着なかった服は、捨てる。
繰り返して読むことをしない本は、捨てる。。。


と、「歩く断捨離」の私でしたが。。。
先日の本棚の一件は大きな転機でした。

すっかり古いものを見直す気分に。

ということで、

40年以上前の家具。
ライティングチェストがありまして、
それが震災で天板が損壊してしまいました。

いつ捨てようかと思っていましたが、
天板を外して、白く塗り替えようと思い立ちました。



まず、ヤスリをかけます。
室内なので防塵マスク着用。





一回目、
アンティーク調にするつもりなのでムラも気にしません。


さくさく塗ります。
フー、結構重労働です。
乾くまで3時間くらい待ちます。


2回、3回と塗りまして、
あっと言う間に23時を過ぎ。。。




できあがり!
アーリーアメリカン調になりました。





震災で壊れた家具の・・・小さなささやかな、
復興です。








古いもの。
思い出。
とは、神様が良くしてくださったことの、記憶。

過去を感謝して、今を生きよう!


「わが魂よ、主をほめよ。
 そのすべての恵みを
 心にとめよ。」

 (詩編103篇2節)
趣味 21:38 comments(0)
ミドリのノートブック。
ノートといえば、モレスキン。
ですが・・・

高いです。
耐用性を考えればもちろん高くないですが、
大したこと書かない自分、
手が出ない。。。

で、愛用しているのは
ミドリのノートブック・シリーズ。




罫線、方眼、白紙、
の3種類。

透明ビニールのカバー、別売りで
300円弱。

私が愛用してるのは、新書サイズ。
で、600円台で購入できる。



糸綴じなので、使いやすい。




用途ごとに三種類使います。
日記や、スクラップ的にも。


書くことは、自分を知る大切な作業だと気づいて、
以来、熱心にやるようになりました。

熱心に…



さて、なんでこんなにマメに熱心にブログアップするようになったかと言うと…


iPhoneからじか打ちしたら、超簡単だったんです。。
趣味 22:20 comments(0)
スクラップノート完成。
結婚のお祝いにと作りました。

まず、
写真をアンティーク調にプリント。





台紙を、レースのリボンとパールビーズで。




写真の端も、リボン。
に、ビーズ。




ちまちま作業。





完成…!


これを、10枚くらい、イロイロとデコりました。






はあ〜、やっとこさ、送れます。

体調が今ひとつで、こんな作業はできなかったのが、
復調です!


わたしは主によって喜び楽しみ
わたしの魂はわたしの神にあって喜び躍る。
主は救いの衣をわたしに着せ
恵みの晴れ着をまとわせてくださる。
花婿のように輝きの冠をかぶらせ
花嫁のように宝石で飾ってくださる。



イザヤ書61章10節




趣味 21:31 comments(0)
カランダッシュのボールペン。
今日はとても嬉しい日だった。
新しくされた。

主イエス様の愛が、ざんぶり、注がれた!
人を通して。

長年の重荷が降りた〜!

【神のなさることはすべて、時にかなって美しい。】

記念に、カランダッシュのボールペンを、買った。


正確には、買ってもらった←夫に。
帰路に立ち寄った、日本橋丸善で。





今から、感謝を日記に書こう。
主に感謝して。



スイス製。
特に高価、というわけではないけれど、藍に近いブルーがきれいで、ノートに合うのです。

趣味 23:29 comments(0)
おひとりさま。
朝から、おちょこで一杯・・・






いえいえ、おちょこではなくて、
台湾茶器です。


鉄観音茶を飲みました。






オットが昔々、ネットで
買いそろえた茶器セット。
久しぶりに登場。




中国茶器、と呼んでいましたが、
これは「台湾茶器」だとのこと。

急須も器も小さく、可愛い茶器です。


今日も、「おひとり様うちカフェ」。


一人で静かにお茶を飲む時間、
つくづく、主に守られている平穏さを痛感します。


「信仰をみせびらかす多くの供え物があったとしても、
 その家に争いがあるならば何になろう。
 食べ物がいかに豊かでも、
 その家の人々が仲良く無かったらどうしよう。
 今まさになければならないのは、
 固いパンのひときれと、平和なのだ。」
   (格言の書 第17章)*超訳


この平穏さも、
夫が牧師でありながら・・・
経済事情のために外で働いてくださっているからなのであって。

教会の成長を日々、願い祈るのみです。



来週から、7月。
下半期。
伝道の種まきに精を出そう!!!


るうも、静かですよ。




趣味 18:42 comments(0)
見えるものと見えないもの
 この年になると、やたらとアンチエイジング情報が気になる

けれど、アンチエイジングにここまで拘るのは、

私世代、つまりバブル時代に20代を過ごした世代かららしい

今朝のある新聞コラムでも、

この世代は、「向上心が強い。」
「がんばればどうにかなる」ことを実感できた世代なので、
アンチエイジングにも頑張る、というような内容を読んだ。

でもね。

年をとる、って大事なこと。
はりもつやも、外見なんて、時と共に衰えるもの

目尻のしわ、とかを
年を経て、優しさとか、情熱とか、人間味が出て素敵だねと思えたら、
みんなもうちょっと、楽になるし、

目に見えない大切なことにも目を向けるのでは?


見えるものと見えないもの

わたしたちのこの肉体は老い衰えようとも、

内なる自分は日々新しくなっている。

わたしたちは今ここに見えるものではなく、

目で見えないものを見ているのだ。

なぜならば、

目で見えるものはこの世の限られた時間に属するものであり、

見えないものは永遠(とわ)に属するものだからである。

(コリント人への第二の手紙  第4章)  *超訳


玄関でひなたぼっこ。




・・・の、ローテーション。


趣味 22:19 comments(0)
1/3 >>
バイブルとワンコと私
http://chapelglory.com
宇都宮グローリーチャーチ牧師館の住人は、2人+3頭。
お茶しながらのんびりと読んでいってくださいな。
気軽にコメントもどうぞ。
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Other