大きな白い犬
 福島県の川内村。このたび、村長さんが、帰村宣言をしました。

そこを車で通った、という方の文章を見かけて「しまった」。

「…大きな白い犬がよろよろと歩いて来て、側溝に座った…」という。

ごめんね、食べるものを持っていないの、と通り過ぎたとのこと。

…なぜ。

なぜ、保護してくれないの?

逃げたかもしれない。でも、保護を試みて欲しかった。

そこに居たのが、人間の子どもだったら、保護したよね。

そんな思いが湧き出てしまいます。

その方には悪意は何もないだろうし、なぜそこを通ったのか知らない。

でも、すごく悲しい気持ちになった。



私たちにできたのは、たった一頭のわんこを保護できただけ。

責めることはできない。



今、朝日新聞で原発事故に関するルポルタージュが連載されている。

元原発の技術者だった方のシリーズに入ったけど、

あまりにもずさんな、利益優先の原発の実体に戦慄します。

驚くべきことに、原発で生じたエネルギーの6割が、
海に捨てているとのこと…!!

原発がなくても、十分生活できる証拠です。


うん、やっぱり原発は、いらないんですね…。



長生きしてね〜。




神はかつてお前を捨てたことがあった。
しかし今は、大きな愛を持って腕の中へ連れ戻すのだ。
かつては神は怒りで顔を隠したが、
今は永遠の愛でお前を呼び、
憐れむのだ。
その愛はもう変わることがない。

    (イザヤ書 第54章)


















放射性物質 21:31 comments(0)
COMMENT









バイブルとワンコと私
http://chapelglory.com
宇都宮グローリーチャーチ牧師館の住人は、3人+2頭。
お茶しながらのんびりと読んでいってくださいな。
気軽にコメントもどうぞ。
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Other