なぜわたしだけが苦しむのか。
「なぜ私だけが苦しむのかー現代のヨブ記」
(H・クシュナー)岩波書店
昨日、本屋で何気なく見つけて、購入して読みました。

米国のラビ(ユダヤ教の教師)である著者は、
息子さんを、早老症(プロジェリア)で10代で亡くした経験を経て
書いたそうです。

2008年から昨年にかけて5刷。
ジワジワ売れてたんですね。
巷では話題になってたのかな??
今まで知りませんでした。

神学書ではなくて、個人的な考察を深めた随想文のような感じ。

 

不幸な出来事、理不尽な出来事の原因は神ではないし、
神が罰を与えたという事でもない。
だから、自分を責める必要はない。


神は悲惨な出来事を防ぎはしないけれど、
不幸を乗り越えるための勇気と忍耐力を与えてくれる。。

私たち必要な助けを与えてくれる希望と力と勇気の根源、
だから、私たちは神を愛する。。。


来週のメッセージ準備が、黙示録でひーひー言っている
のですが、
改めて、なぜ神を信じるのか。。。
という事を、改めて考えさせられました。。。

ただ、聖霊信仰をいただいている私たちとしては、
もっとダイナミックに働かれる神を知っています。
その意味でも、改めていつも共にいてくださる神に感謝です。。。



筆者の息子さんは、14歳で亡くなってるんですが、
誕生年が、私と同じ年だったので、、、びっくり。
急に、リアルに感じられました。

文中に、人間と動物を比較して考察してる部分で、
動物は本能でのみ生きるけれど、
人間は自由である分、苦しみが多い、とゆう文章があって。。

そう、
迷わずに快適さを選択してると思います。



ぺろぺろ。



ぐぅぅぅ。





シッポは枕にもなりますよ。



巻頭文より。

「ダビデは言った、
 『子の生きている間に、わたしが
  断食して泣いたのは、
 『主がわたしをあわれんで、この子を
  生かしてくださるかもしれない』
 と思ったからです。
 
 しかし今は死んだので、わたしは
 どうして断食しなければならないでしょうか。
 わたしは再び彼をかえらせることができるできますか。
 わたしは彼の所に行くでしょうが、
 彼はわたしの所に帰ってこないでしょう」
  (サムエル記下 第12章22ー23節)
メディア(BOOK/CD/DVD/etc) 21:18 comments(0)
COMMENT









バイブルとワンコと私
http://chapelglory.com
宇都宮グローリーチャーチ牧師館の住人は、3人+2頭。
お茶しながらのんびりと読んでいってくださいな。
気軽にコメントもどうぞ。
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Other